えほんの会

【活動日】第1土曜日 14:00~15:00

図書館に新しく入ってくる子どもの本を読み合う読書会です。たった1時間半ですが、全てを忘れて児童書の世界に浸れる時間になればと、2007年の9月から活動を始めました。一人ひとりが絵本を声に出して読み、その後、感想を出し合い、子どもの本の素晴らしさを共有し合っています。講師は特に招かず、会員相互の学び合いを大切にしています。(平成31年度4月から名称・時間が変更になりました)
話し合われた内容は、図書館の新着児童書コーナーでの情報発信の一部としても活用されています。
子どもの本が大好きな方や、読み聞かせの活動に興味のある方は、どうぞご参加ください。

えほんの会からの新着絵本の紹介

10月例会から

「きょうものはらで

エズラ・ジャック・キーツ え
石津 ちひろ やく

アメリカの伝統的な数えうたをもとにした本です。
のはらでくらす生きものたちの母子のかけ合いと、
すてきな絵がほっこりする絵本です。

「オニのサラリーマンじごく・ごくらく運動会

富安 陽子 文
大島 妙子 絵

じごくのオニとごくらくのほとけさんのしんぜん運動会が
ことしもやってきました。玉入れにつなひき、かりものきょうそうと
どちらのチームもものすごい力の入れようです。ワイワイガヤガヤ
さてかつのはどっち?
シリーズ第4作め、楽しいエホンです

「ぎんいろのねこ」

あまん きみこ 作
えがしら みちこ 絵

食べものどろぼうののらねこ「どぶしろ」!!
ある夜、公園に忘れた本をお母さんと一緒に
とりに行った時…あれは、どぶしろ…??
(のらねこが、町からいなくなるといいですね)

8月例会から

「二平方メートルの世界で

前田 海音 文
はた こうしろう 絵

病院で入院をくりかえしている、9歳の女の子が書いた分です。
病気のつらさも受け入れようと、前向きに生きようとしている
強さに感動します。
大人の方もぜひ読んでほしいです!

「ぼくのなかにはおこりんぼうがいます

ユウセイ 語り
ミスミヨシコ 絵

ちょっとしたことですぐにおこりんぼうが出てきちゃう…
自分でもいやなのに、とめられない。
でも、がんばっておこりんぼうをコントロールしてみよう!
こまっている人は、ちょっと読んでみてほしいです。

「水族館 いきものとひとのいちにち

ほりかわ あやこ さく

オープン前のスタッフさんは何をしているのかな?
水そうの水はどうやってキレイにしているのかな?
夜中もはたらいている人がいる?
水族館の1日をのぞいてみよう!

「たいせつなぎゅうにゅう

キッチンミノル 著

ぎゅうにゅうはどこからくるのかな?
ぼくじょうでたいせつにそだてられているうし。
うしをそだてているのうかさん。
食育もできる写真絵本です。

▲ページトップへ