えほんの会

【活動日】第1土曜日 14:00~15:00

図書館に新しく入ってくる子どもの本を読み合う読書会です。たった1時間半ですが、全てを忘れて児童書の世界に浸れる時間になればと、2007年の9月から活動を始めました。一人ひとりが絵本を声に出して読み、その後、感想を出し合い、子どもの本の素晴らしさを共有し合っています。講師は特に招かず、会員相互の学び合いを大切にしています。(平成31年度4月から名称・時間が変更になりました)
話し合われた内容は、図書館の新着児童書コーナーでの情報発信の一部としても活用されています。
子どもの本が大好きな方や、読み聞かせの活動に興味のある方は、どうぞご参加ください。

えほんの会からの新着絵本の紹介

1月例会から

「みずたまり」

アデレイド・ホール さく
ロジャー・デュボアザン え
こみや ゆう やく

めんどりさんのにわにいけがありました。めんどりさんがいけを見ると、なんとめんどりがおちています。「たいへんたいへん」と大さわぎ。どうぶつたちがつぎつぎやってきて…さてどうなっちゃうのかしら…

「おれ、よびだしになる」

中川 ひろたか 文
石川 えりこ 絵

ぼくはすもうが好き。いちばん好きなのは、おすもうさんのなまえをよみあげる「よびだしさん」!!ぼくはよびだしになるために、すもうべやにでしいりした。
よびだしってどんなしごとをするのかな?ぼくはよびだしになれるかな?

「10にんのせんにん」

佐々木 マキ 作

山のてっぺんにすんでいる、ふしぎなじゅつをつかうせんにんが、こまっているゆうびんやさんをたすけますが、ひとつだけおちている手紙をみつけて・・・。

12月例会から

「父さんがかえる日まで」

モーリス・センダック さく
アーサー・ビナード やく

ふなのりの父さんがるすの間、いもうとの世話をまかされたアイダ。ある日、いもうとがゴブリンにさらわれてしまいます。
助けに向かったアイダですが・・・家族のきずなを大切に。ちょっと昔風でこわい絵ですが、心あたたまる物語です。

「フォックスさんのにわ」

ブライアン・リーズ さく
せな あいこ やく

きつねのフォックスさんといぬがなかよくくらしていました。にわをきれいにしたりやさいをつくったり・・・
ところがいぬがしんでしまって、フォックスさんは何をするのもいやになってしまいました。ところが、かぼちゃがかってに大きく育ってきて・・・いいことが・・・

「まめざらちゃん」

あさの ますみ 文
よしむら めぐ 絵

おさらたちのたのしみは、じぶんにもりつけられたごちそうをこっそりあじわうこと。でもまめざらちゃんはおしょうゆなどの調味料ばかりが注がれてがっかりです。まめざらちゃんにごちそうがのる日はくるのかな?
かわいらしい絵でほのぼのとしたお話の絵本です

▲ページトップへ