新刊子どもの本を読む会

【活動日】第1土曜日 10:00~11:30

図書館に新しく入ってくる子どもの本を読み合う読書会です。たった1時間半ですが、全てを忘れて児童書の世界に浸れる時間になればと、2007年の9月から活動を始めました。一人ひとりが絵本を声に出して読み、その後、感想を出し合い、子どもの本の素晴らしさを共有し合っています。講師は特に招かず、会員相互の学び合いを大切にしています。(開催は土曜日ですが、昼には自宅に帰れるよう時間を厳守しています。)
話し合われた内容は、図書館の新着児童書コーナーでの情報発信の一部としても活用されています。
子どもの本が大好きな方や、読み聞かせの活動に興味のある方は、どうぞご参加ください。

 

新刊子どもの本を読む会からの新着絵本の紹介

 

2月例会から

「せかいいちまじめなレストラン」

たしろ ちさと 作

◎世界一まじめなイタメーニョさん、本当においしいものをお客さんに食べてもらおうと、とってもまじめにお料理をつくります。注文を受けてから、リンゴやハチミツを取りに行ったり、魚を釣ったり…でも、待たされてもお客さんはにっこりです。
◎レストランのメニューが読むだけでおいしそう。どんなお料理が出てくるのか想像力が膨らみます。ほんわりした絵もお話にとてもあっています。

「えがないえほん」

B.J.ノヴァク さく
おおとも たけし やく

◎「ばふっ」「ぶりぶりぶ~」シンプルな仕掛けで、読む大人は大変ですが、子どもたちはみんな大喜びです!!きっと『もう1回読んで』とせがまれますよ。
◎テレビなどでも紹介されている今話題の本。読み聞かせにピッタリです。

「藤吉じいとイノシシ」

椋 鳩十 作
保立 葉菜 絵

◎山の斜面に住む藤吉じいと、町育ちの孫・一郎は、山歩きをしながら様々な野生の生き物に出会います。目を見はる一郎に藤吉じいは言います。「かみさまが、おつくりになったままのすがたで生きているやつは、なんだって、すばらしいのよ」イノシシとのちょっと変わった出会いのお話です。
◎椋鳩十のお話が絵本になりました。読み聞かせには20分ほどかかる長いお話ですが、絵は遠目にもはっきりしていてわかりやすいです。

 

12月例会から

「まえとうしろどんなくるま?3 まちではたらくくるま」

こわせ もりやす 〔作〕

◎車の前と後、ちゃんと見たことありますか?
町で働くいろいろな車が登場します。クイズを出し合うのも楽しいでしょう。
◎ツリーも登場し、12月のクリスマスシーズンにピッタリのえほんです。

「じょやのかね」

とうごう なりさ 作

◎大みそかの夜、男の子はパパと除夜の鐘をつきに寺へ出かけます。暗い道を歩き、列に並び、甘酒をもらって…
タイトルそのままに、夜の雰囲気や初めて鐘をつきにいく男の子の緊張感が、版画から伝わってきます。
◎今、除夜の鐘をついたことがない子もいるのでは。『こんな感じだったな』と家族で話し合うのも楽しいでしょう。
話を聞いて、行ってみたいと思うかもしれませんね。

▲ページトップへ